HORIZON

これまでのバックパックの問題点

1・上はスカスカ、底にぎゅーぎゅー。モノが全部底に溜まってしまう。

2・荷物の出し入れがスグできない。毎回肩から下ろすのが面倒

3・デジタル時代にフィットしていない

この3つの問題を解決したのが「LIFEPACK HORIZON」です。 

洗練されたミニマリストデザイン

 

 

ごちゃつく小物は最上部のトップルームにビシッと収納


メッシュジッパーポケット×2
オープンポケット×3
大きいジッパーポケット×1
ケーブル/ペンポケット×4

メイン収納部は2段に階層分け

大きすぎず、普段使いでピッタリな容量23L。

 

・荷物が全部下に溜まって取り出しにくい
・上はスカスカ、下はぎゅーぎゅー

そんな問題を解決しているのがこの階層分け構造です。

上と下で分けて収納できて、全てのスペースを持て余すことなく効率的に活用ができます。

通勤のときはお弁当やPCを入れたり、
ジムに行くときは靴を入れたり、
旅行に行くときはカメラを入れたり、
シーンに合わせて自由自在!

荷物やシーンに合わせてカスタマイズ

仕切りは取り外し可能です。
全部外して1つの大きなスペースとして使うこともできます。

 

 

おろして、置いて、取り出しという動作をSkip

荷物を瞬時に取り出せてストレスゼロ

HORIZONなら、どこに何があるかも一目瞭然です。

ジップの持ち手が大きいからスムーズに開ける

カギや小物が入るサイド収納ポケット

スグに取り出したい鍵や、イヤホンを入れておくと便利。


スマホやバッテリーを入れるのもGOOD


ジッパーを開けるとメモリースティックやSDカードを入れる小さなポケットがあり、クリエイターにとって必要な機能を備えてます。

リップクリームや、消毒、ハンドクリームなどを入れることもできます。

 

落下耐性&衝撃吸収のパソコン収納

バッグの底にもクッションが入ってて下からの衝撃も吸収するので、落としたり、床に置く時でも安心安全です。

16インチまでのノートPCが入ります。

タブレットや、A4サイズの書類・ノートも一緒に収納可能です。

細かい傷をつけない“ふわふわ”の起毛素材

カメラ・ビデオ・ドローンも安全に持ち運び

バッグ全体にクッションが入っています。
階層をうまく使って分離収納すれば移動中にバッグの中の荷物同士でぶつかって壊れる心配もありません。

 

置いた時に倒れない自立構造

ペラペラなリュックと違い、しっかりと形状を保ちます。
リモートワーク中に足元やテーブルの下に置くときでも邪魔になりません。

キャッシュレス時代の時短ポケット

財布不要。レジでの支払いもモタつきません。

貴重品の隠し場所

パスポート、小さな財布、マネークリップなどが入るサイズの隠しポケットが背中の左右に2つ。
防犯性に優れ、スリから貴重品を守ってくれます。

 

他にもまだまだ細部のこだわりが沢山

スマートなドリンク・折りたたみ傘ホルダー

美しさを乱さずに収納できる拡張性を持つポケット

スーツケースへの取り付けベルト

三脚やスケボーを外側に取り付け

付属のストラップを使うことでバッグの外側に引っ掛けることができます。

重さを軽減するチェストストラップ

水を弾く撥水性

「地球おもいの素材」で作るバッグ

私たちはバッグが1つ売れるごとに226本のペットボトルを慈善財団を通じてアジアの海から回収しています。そのペットボトルを洗浄、粉末、そして糸にして作ったサスティナブル素材Shore-Texでバッグを作っています。

これらの活動が讃えられSOLGAARDはUnited Nations Sustainable Development Goals Action Awards(国連SDGアクションアワード)」受賞しました。

これはサスティナブルに取り組む企業は増えてきましたが、その中でもSOLGAARDが飛び抜けた実績を持つという証明になります。

エビデンスとなる国連のHP
https://sdgactionawards.org/finalist/connect/nextwaveplastics/

使う人にとってGOODであり、地球環境にとってもGOODであること同時に叶えることが、私たちのミッションです。

 

サイズ:横幅28cm x 高さ45.7cm x 奥行き17.75cm
重さ:1.6kg
容量:23L
Designed in NewYork/Assembled in China



x